富士通 FENICS のネットワーク機器での不正通信を受け総務省が文書で指導 | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

富士通 FENICS のネットワーク機器での不正通信を受け総務省が文書で指導

 総務省は6月30日、富士通株式会社と富士通クラウドテクノロジーズ株式会社に対し通信の秘密の保護及びサイバーセキュリティの確保に係る指導について発表した。

インシデント・事故
リリース(富士通株式会社に対する通信の秘密の保護及びサイバーセキュリティの確保に係る措置(指導))
  • リリース(富士通株式会社に対する通信の秘密の保護及びサイバーセキュリティの確保に係る措置(指導))
  • リリース(富士通クラウドテクノロジーズ株式会社に対する通信の秘密の保護及びサイバーセキュリティの確保に係る措置(指導))

 総務省は6月30日、富士通株式会社と富士通クラウドテクノロジーズ株式会社に対し通信の秘密の保護及びサイバーセキュリティの確保に係る指導について発表した。

 富士通では、同社が提供する企業向けネットワークサービス「FENICS」にて、ネットワーク機器に対し外部から不正侵入があり、2022年3月から2022年11月までの間に複数回にわたり、同サービスを利用して通信を行った顧客の通信情報が外部に流出した事案が発生していた。


《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  2. イセトーへのランサムウェア攻撃で東海信金ビジネスの個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で東海信金ビジネスの個人情報が漏えい

  3. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  4. 新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

  5. カプコンへのランサムウェア攻撃で最大35万件の情報流出、「Ragnar Locker」から身代金要求

  6. 山陰合同銀行の委託先でウイルス感染、顧客4名の個人情報が流出の可能性

  7. 東京都教育委員会「Teams 事故再発防止委員会」設置

  8. JAXA への不正アクセスによる情報漏えい、未知のマルウェア使用で侵害の検知を困難に

  9. 日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

  10. 中学校教諭が誤った通知表の配布を強行、減給1月の懲戒処分に(新潟県)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×