日本コンクリート工業にランサムウェア攻撃、データやソフトウェアが暗号化被害 | ScanNetSecurity
2024.06.13(木)

日本コンクリート工業にランサムウェア攻撃、データやソフトウェアが暗号化被害

 東証プライム上場企業の日本コンクリート工業株式会社は5月9日、同社のサーバのランサムウェア感染について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 東証プライム上場企業の日本コンクリート工業株式会社は5月9日、同社のサーバのランサムウェア感染について発表した。

 これは5月5日深夜に、同社サーバに外部から不正アクセスがあり、当該サーバに保存している各種ファイルが暗号化されたことを5月6日に確認したというもの。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×