「強制BCCシステム」停止 メールアドレス 652 件流出、ライセンス更新怠る | ScanNetSecurity
2024.04.16(火)

「強制BCCシステム」停止 メールアドレス 652 件流出、ライセンス更新怠る

 愛知県豊田市は4月4日、「強制BCCシステム」の停止によるメールアドレスの流出について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 愛知県豊田市は4月4日、「強制BCCシステム」の停止によるメールアドレスの流出について発表した。

 同市が導入している強制BCCシステムでは、アドレスの入力先を誤る人的ミスを防止するため、「宛先(To)」や「CC」にアドレスが入力された場合にメール送信サーバ側で強制的に「BCC」に変換し受信者同士のアドレスを把握できないようにする仕組みで、ひまわりネットワーク株式会社が提供している。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×