サイバー攻撃の動機 セキュリティ企業に恥をかかせる | ScanNetSecurity
2024.05.28(火)

サイバー攻撃の動機 セキュリティ企業に恥をかかせる

 Acronis の最高情報セキュリティ責任者(CISO)は、同社システムへの侵入と思われる事態にも泰然自若の姿勢で、影響を受けたのは、盗まれた認証情報を使われた顧客 1 名だけであり、他のデータはすべて安全であると断言した。

国際 TheRegister

 Acronis の最高情報セキュリティ責任者(CISO)は、同社システムへの侵入と思われる事態にも泰然自若の姿勢で、影響を受けたのは、盗まれた認証情報を使われた顧客 1 名だけであり、他のデータはすべて安全であると断言した。

 悪名高い Breached Forumsリークマートの木曜日のスレッド [PDF] で、今回の盗難のニュースが明るみにでた。その投稿では、Acer のセキュリティ侵害にも関与した Kernelware と呼ばれる攻撃者が Acronis に侵入し、証明書ファイル、コマンドログ、システム構成、システム情報ログ、ファイルシステムのアーカイブ、Acronisデータベースの Pythonスクリプト、さらにはバックアップ構成やバックアップ操作のスクリーンショット多数を盗んでリークしたと主張した。


《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×