黒塗りしたつもり案件 ~ 大分大学が外部機関に提出したPDFファイルが編集機能で個人情報閲覧可 | ScanNetSecurity
2024.04.20(土)

黒塗りしたつもり案件 ~ 大分大学が外部機関に提出したPDFファイルが編集機能で個人情報閲覧可

 国立大学法人大分大学は2月28日、外部機関へ提出したデータについて、黒塗りした個人情報が判読できる状態であったと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 国立大学法人大分大学は2月28日、外部機関へ提出したデータについて、黒塗りした個人情報が判読できる状態であったと発表した。

 これは同学が、令和2(2020)年度及び令和3(2021)年度の業務として外部機関に提出したデータについて、個人情報が見えないように黒塗りをしていたが、一部資料の処理が不適切であったため、PDFソフトの編集機能等を使用することで文字情報が判読できる状態であったというもの。当該データはその状態のまま、令和2(2020)年度以降に提供先機関のWebサイトで公開されていた。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×