複数の条件満たすことでDBへの侵入許す恐れ、情報漏えいデータ検出ソリューションの調査により発覚 | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

複数の条件満たすことでDBへの侵入許す恐れ、情報漏えいデータ検出ソリューションの調査により発覚

 株式会社SEプラスは1月6日、同社の教育事業サービスにて顧客の一部情報が閲覧可能な状態であったと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 株式会社SEプラスは1月6日、同社の教育事業サービスにて顧客の一部情報が閲覧可能な状態であったと発表した。文章の選択とコピーできないPDFファイルで公開している。

 これは12月29日に、顧客から外部セキュリティ企業の情報漏えいデータ検出ソリューションを利用した調査の結果、SEプラスのデータを検出したと連絡があり、同社で社内調査したところ、同社従業員の開発用PC1台について、複数の条件を全て満たすことで当該PC内に設定されているデータベースへの侵入を許す恐れがある状態であることが12月30日に判明したというもの。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×