杉並区職員の逮捕を受けた文書の情報公開請求、非公開情報を誤提供 | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

杉並区職員の逮捕を受けた文書の情報公開請求、非公開情報を誤提供

 東京都杉並区は12月28日、情報公開時における非公開情報の誤提供について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 東京都杉並区は12月28日、情報公開時における非公開情報の誤提供について発表した。同区では11月5日に、同区職員の住民基本台帳法違反容疑での逮捕について公表していた。

 同区では12月28日に、同区職員が住民基本台帳法違反で逮捕された件で収受した文書の情報公開請求1件に対し、窓口で請求者へ当該文書の写しを交付した際に、本来非公開とすべき当該文書の発信者の氏名を公開した状態だったことが、請求者からの指摘で判明したとのこと。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×