Webサイトをこっそり修正したり削除すると炎上の一因に ~ エルテス調査 | ScanNetSecurity
2024.06.13(木)

Webサイトをこっそり修正したり削除すると炎上の一因に ~ エルテス調査

 株式会社エルテスは12月21日、2022年の炎上トレンドと2023年の炎上予測を「ネット炎上レポート2022総集編」として発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 株式会社エルテスは12月21日、2022年の炎上トレンドと2023年の炎上予測を「ネット炎上レポート2022総集編」として発表した。

 同社では「ネット炎上」を、オフライン・オンラインでの行動や発言に対しネット上で批判が殺到し、拡散している状態を指し、対象に対する批判の投稿量が通常時と比較して有意に多いことを条件として定義している。

 同社では2022年の炎上トレンドとして、「コンプライアンス違反がデジタル空間で拡散し、批判殺到」「Webサイトの情報のサイレント削除や修正による炎上」の2つの要素が見えてきたとしている。同社では企業がサイレントで(公表せずに)情報の削除や修正を行うことに対し、広報部門やマーケティング部門、お客様相談部門などの連携が上手くいかず、意図せず修正してしまっている可能性を指摘し、企業の情報開示や広報姿勢のあり方は、常に変化しており、担当者にはアンラーニング(有効で無くなったノウハウ等を)が求められているとしている。

 同社では2023年の炎上について、イーロン・マスク氏によって買収されたTwitter社の動向に注目し、Twitterの今後の動きは炎上トレンドに大きな影響を与えうると予測している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×