USBメモリ紛失も暗号化済、内視鏡検査撮影データをレターパックでやりとり | ScanNetSecurity
2024.06.13(木)

USBメモリ紛失も暗号化済、内視鏡検査撮影データをレターパックでやりとり

 奈良県橿原市は11月24日、同市が実施するがん検診業務でのUSBメモリの紛失について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 奈良県橿原市は11月24日、同市が実施するがん検診業務でのUSBメモリの紛失について発表した。

 同市ではがん検診業務を、一般社団法人橿原地区医師会に委託しているが、胃がん検診の内視鏡検査では、検診実施医療機関の医師が一次読影を実施し、別の医師による二次読影を実施した上で診断する必要があるため、一次読影医療機関と二次読影医療機関の間で、撮影データをUSBメモリに記録し、所見を記載する検診表を同封しレターパックで2週間に1回やりとりを行っている。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×