Z世代の6割がSNS上のフェイクニュース・デマを信じた経験 | ScanNetSecurity
2023.01.30(月)

Z世代の6割がSNS上のフェイクニュース・デマを信じた経験

 中高生含むZ世代の約9割がSNSでフェイクニュース・デマを気にし、ファクトチェックする割合が高いことが、スタディプラスのStudyplusトレンド研究所が2022年9月に実施した調査より明らかになった。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 中高生含むZ世代の約9割がSNSでフェイクニュース・デマを気にし、ファクトチェックする割合が高いことが、スタディプラスのStudyplusトレンド研究所が2022年9月に実施した調査より明らかになった。

 調査は2022年9月16日~22日、全国の「Studyplus」ユーザー(全年齢)を対象にインターネットにて実施した。今回の調査では12歳~25歳を「Z世代」、26歳以上を「X・Y世代」と定義。回答者数はZ世代2,708名、X・Y世代786名の計3,494名。

 調査によると、SNS上でフェイクニュースやデマを信じた経験は、「Z世代」63.3%、「X・Y世代」58.4%で、「Z世代」がやや多かった。より詳細な世代別にみると、Z世代の中では「高校生」「大学生・社会人等」と年齢が高いほど経験率が高く、逆にX・Y世代の中では、「ミレニアル世代(26歳~35歳)」のように年齢が低いほど経験が高い傾向にあった。

 SNS上でフェイクニュースやデマを気にする割合については、「Z世代」89.0%、「X・Y世代」85.9%という結果に。どの世代も8割を超えており、高い意識がみられた。

 フェイクニュースやデマを見極めるために何を見て判断しているか尋ねたところ、「他の人の投稿やメディアの記事を調べる」「投稿者の引用元」が各年代で高い割合となった。Z世代では「投稿へのコメント内容」「投稿者のフォロワー数」「投稿へのいいね数・コメント数」がX・Y世代よりも高い傾向にあり、X・Y世代の中でも「ロスジェネ世代(36歳~45歳)」以上での世代では、「投稿者のプロフィール」を重視する傾向にあることがわかった。

SNSのフェイクニュース・デマ「気にする」Z世代9割

《木村 薫@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×