8月下旬からインターネットバンキングに係る不正送金被害が急増、注意を呼びかけ | ScanNetSecurity
2022.12.10(土)

8月下旬からインターネットバンキングに係る不正送金被害が急増、注意を呼びかけ

 警察庁は9月22日、フィッシングによるものとみられるインターネットバンキングに係る不正送金被害の急増について、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向

 警察庁は9月22日、フィッシングによるものとみられるインターネットバンキングに係る不正送金被害の急増について、注意喚起を発表した。

 同庁によると、インターネットバンキングに係る不正送金被害については2019 年以降、発生件数・被害額ともに減少傾向が続き、2022年上半期の発生件数は145件、被害額は約3億2,100万円であったが、8月における発生件数は70件、被害額は約2億1,300万円、9月1日から15日までにおける発生件数は184件、被害額は約1億6,900万円と、8月下旬から急増しているという。

 同庁によると、被害の多くはフィッシングによるものとみられ、金融機関を装ったフィッシングサイトへ誘導するメールが多数確認されていることから、不審なメールやSMSに記載されたリンクからアクセスしたサイトにID・パスワード等を入力しないよう注意を呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×