個人情報が記載された不当労働行為救済申立事件の命令書の概要をWeb掲載、匿名化漏れが原因 | ScanNetSecurity
2024.02.21(水)

個人情報が記載された不当労働行為救済申立事件の命令書の概要をWeb掲載、匿名化漏れが原因

 東京都は8月26日、個人情報が記載された資料の配布とWeb掲載について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 東京都は8月26日、個人情報が記載された資料の配布とWeb掲載について発表した。

 これは東京都労働委員会が8月24日午後2時頃に、不当労働行為救済申立事件の命令書の概要(都労委令和2年不第40号及び同3年不第27号事件)を個人情報が記載されたまま報道機関に配布し、午後5時頃に東京都労働委員会ホームページに掲載、翌8月25日午後5時頃に東京都公式ホームページに掲載したというもの。8月26日午前11時46分頃に、他行政機関から指摘があり発覚した。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×