Facebookビジネスアカウントが標的「DUCKTAIL」発見 | ScanNetSecurity
2024.06.20(木)

Facebookビジネスアカウントが標的「DUCKTAIL」発見

 ウィズセキュア株式会社は7月26日、Facebookの広告及びビジネスアカウントを利用する個人と企業を攻撃対象として進行中の「DUCKTAIL」と命名されたサイバー攻撃オペレーションを発見したと発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向

 ウィズセキュア株式会社は7月26日、Facebookの広告及びビジネスアカウントを利用する個人と企業を攻撃対象として進行中の「DUCKTAIL」と命名されたサイバー攻撃オペレーションを発見したと発表した。

 DUCKTAILは、Facebookビジネスアカウントを乗っ取るために特別に設計された機能を含むインフォスティーラー型マルウェアコンポーネントを利用しており、ブラウザのクッキーを盗み、認証されたFacebookのセッションを利用して、被害者のFacebookアカウントから情報を窃取し、最終的には被害者がアクセスできるあらゆるFacebookビジネスアカウントを乗っ取るよう設計されている。

 DUCKTAILは最初に、LinkedIn内でFacebookビジネスアカウントに高位のアクセス権を持つユーザーを探し、フィッシングを行う。

 ウィズセキュアがDUCKTAILの動向の追跡と分析を行ったところ、攻撃者が2021年後半からDUCKTAILと連携したマルウェアの開発と配布を行っていることが判明している。DUCKTAILのオペレーションは、その後もマルウェアの更新と配布を続け、実装された他の機能とともに、既存の、または新しいFacebookのセキュリティ機能をバイパスする能力を向上させようとしている。

 ウィズセキュアでは収集データと分析から、本オペレーションがベトナムのサイバー攻撃者によって行われていると推測しており、一連の証拠から、攻撃者の動機は金銭的なものであると指摘している。

 ウィズセキュアでは、MITREのフレームワークを用いた攻撃の概要を含むDUCKTAILに関するレポートをPDFファイルで公開している。

《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×