「読売新聞オンライン」への不正アクセス、最大7,441件の個人情報が閲覧された可能性 | ScanNetSecurity
2024.04.16(火)

「読売新聞オンライン」への不正アクセス、最大7,441件の個人情報が閲覧された可能性

 読売新聞東京本社は7月8日、7月4日にニュース記事で発表した同社が運営する「読売新聞オンライン」の会員情報を管理するシステムへの不正アクセスについて、続報を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 読売新聞東京本社は7月8日、7月4日にニュース記事で発表した同社が運営する「読売新聞オンライン」の会員情報を管理するシステムへの不正アクセスについて、続報を発表した。

 「読売新聞オンライン」では7月2日午後5時40分頃から4日午後5時頃までの期間に、正規のアクセスを含めて約3万件のログインが確認された旨を発表していた。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×