IPA、2023年1月の「Windows 8.1」サポート終了に注意を呼びかけ | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

IPA、2023年1月の「Windows 8.1」サポート終了に注意を呼びかけ

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は7月8日、Windows 8.1 のサポート終了に伴う注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は7月8日、Windows 8.1 のサポート終了に伴う注意喚起を発表した。

 Microsoft 社が提供する OS 「Windows 8.1」は、2023年1月にサポートが終了し、また同社が提供する「Windows 7」、「Windows Server 2008」、「Windows Server 2008 R2」もサポート終了から3年が経過し、拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)のサポートも終了する。

 米国時間2023年1月10日でサポート終了するのは、下記のOS。

Windows 8.1
Windows 7 ESU
Windows Server 2008 ESU
Windows Server 2008 R2 ESU

 IPAによると、2021年7月から2022年6月までの期間に「Windows 8.1」、「Windows 7」、「Windows Server 2008、2008 R2」で発見された脆弱性の約2割は深刻度が高く、サポートが終了したOSを使用し続け、危険度の高い脆弱性が新たに発見された場合は、製品ベンダによる修正等の対応が期待できず、セキュリティリスクの解消が不可能となり、脆弱性を悪用した攻撃による情報漏えいや意図しないサービス停止等の被害が生じる可能性が高くなると警告している。

 IPAでは、サポートが継続している後継または代替のOSへの移行を呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×