気送管システムで DOOM をプレイ !? ハッカーが病院システムの脆弱性指摘 | ScanNetSecurity
2024.04.16(火)

気送管システムで DOOM をプレイ !? ハッカーが病院システムの脆弱性指摘

気送管システム(Pneumatic Tube System:PTS)をご存じだろうか。カルテや薬、サンプルなどを入れたカプセルをチューブを使って運ぶシステムだ。国内でも大病院で導入しているところもあり、海外でも現役のシステムだ。そしてハッカーたちはこのシステムも見逃さない。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

 気送管システム(Pneumatic Tube System:PTS)をご存じだろうか。カルテや薬、サンプルなどを入れたカプセルをチューブを使って空圧で運ぶシステムだ。国内でも大病院で導入しているところもあり、海外でも現役のシステムだ。そしてハッカーたちはこのシステムも見逃さない。

 とはいっても、犯罪者やアンダーグラウンドハッカーではなくホワイトハッカーだ。ベン・セリーとバラク・ハダダは Armis のセキュリティアナリスト。Armis は重要インフラ、制御システム領域のデバイスセキュリティを担う企業で、各種病院システムも事業ドメインに含まれている。

 ベンとバラクは、北米でメジャーな PTS( Swisslog社製 Translogic)の脆弱性を研究し、パッチ、修正対応に貢献した。そして 2 名は昨夏開催された Blackhat USA 2021 にて、その概要を発表している。本稿ででは蔵出しで講演の概要をお伝えする。


《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×