JSSEC、フィッシングメール詐欺の手口と対策を解説 | ScanNetSecurity
2024.06.21(金)

JSSEC、フィッシングメール詐欺の手口と対策を解説

 一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は6月20日、スマートフォン・サイバー攻撃対策ガイド「フィッシングメール詐欺」を公開した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は6月20日、スマートフォン・サイバー攻撃対策ガイド「フィッシングメール詐欺」を公開した。

 JSSEC技術部会スマートフォンマルウェア対策WGでは、「スマートフォン・サイバー攻撃対策ガイド」を公開し、これまで計7回にわたり「SMS認証の悪用、スミッシング(SMS+フィッシング)」「スマホ決済の不正利用」「マルバタイジング:広告ネットワークを悪用した攻撃」「インターネットバンキング情報窃取」「マルウェア・bot対策」「偽警告・偽契約詐欺対策」「偽装AP」をテーマに解説している。8回目では、KDDI株式会社の本間輝彰氏と株式会社Two-Fiveの末政延浩氏が「フィッシングメール詐欺」について執筆している。

 同ガイドではまず、フィッシングの概要として、その語源や行為について説明した上で、フィッシングメール詐欺の一般的な手順について解説している。

 続いて技術的解説として、フィッシングメールで送信者を詐称して送信するために、メールの送受信の流れを説明している。

 その上でフィッシングメール詐欺への対策として、SPF、DKIM、DMARCなどの送信ドメイン認証や、なりすましフィルタなどのフィルタサービス、BIMI(Brand Indicators for Message Identification)について解説している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×