工業所有権情報・研修館の委託先事業者がEmotet感染、584名の個人情報流出の可能性 | ScanNetSecurity
2024.05.31(金)

工業所有権情報・研修館の委託先事業者がEmotet感染、584名の個人情報流出の可能性

 独立行政法人工業所有権情報・研修館は4月22日、3月18日に公表した鹿児島県知財総合支援窓口でのEmotet感染による情報流出について、調査結果を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 独立行政法人工業所有権情報・研修館は4月22日、3月18日に公表した鹿児島県知財総合支援窓口でのEmotet感染による情報流出について、調査結果を発表した。

 工業所有権情報・研修館によると、鹿児島県知財総合支援窓口や窓口担当者を騙る不審メール(なりすましメール)が複数の関係者に送信されている事実を委託先事業者で3月15日に確認し調査したところ、当該委託先事業者の担当者が使用したパソコン1台がEmotetに感染したことが判明した。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×