パスワードを使いまわす人は4~5割、自分で記憶や紙にメモが2トップ | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

パスワードを使いまわす人は4~5割、自分で記憶や紙にメモが2トップ

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は3月28日、「2021年度情報セキュリティに対する意識調査【倫理編】【脅威編】」報告書を公開した。

調査・レポート・白書・ガイドライン

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は3月28日、「2021年度情報セキュリティに対する意識調査【倫理編】【脅威編】」報告書を公開した。

 「情報セキュリティに対する意識調査」では、2005年から一般国民のサイバーセキュリティにおける脅威の認識と対策の実施状況についての調査を、2013年からネットモラルに対する現状把握などのため倫理調査を実施している。2021年度調査では、昨年行った質問項目などの大幅な見直しを踏襲し実施している。集計及び報告書では職業・属性の分類の表記を見直し、会社員、公務員・団体職員、教職員などの職業分類を「IT関連業務に従事しているか否か」 で区分けし集計、表記している。

 調査結果によると、パスワードのセキュリティ対策として「できるだけ長いパスワード」「使いまわしをしない」「初期パスワードの変更」のうちで最も低いものは「使いまわしをしない」で、パスワードを使いまわす人は4~5割居ることが明らかになった。

 パスワードの管理方法については、使途の異なるアカウントでも差は見られず、ツールなどを使わず「自分で記憶」「紙などにメモ」が2トップであった。

 脆弱性対策において、IoT機器の対策はパソコン関連の対策よりも実施率が低く、その理由としてやり方がわからないという割合が高い結果となった。

 セキュリティ教育の受講経験は10代が最も高く、次いで20代で年齢が上がるにつれ低下している。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. ランサムウェアの種別特定やセカンドオピニオンも ~ セキュリティ企業も頼りにできる JPCERT/CC

    ランサムウェアの種別特定やセカンドオピニオンも ~ セキュリティ企業も頼りにできる JPCERT/CC

  2. 1,952 社から 9,208 件の報告 ~ 2023年度 Pマーク付与事業者の個人情報取扱いにおける事故

    1,952 社から 9,208 件の報告 ~ 2023年度 Pマーク付与事業者の個人情報取扱いにおける事故

  3. 迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

    迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

  4. わずか 22.9 % ~ ランサムウェア身代金「支払いは行わない」方針でルール化

  5. IT部門か全員かそれとも政府か ~ サイバー攻撃から守る責任は誰にある? KnowBe4 調査

  6. 57%「ISMSを知らない」アンケート調査結果(ISMS-AC)

  7. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

  8. フィッシングサイトのドメイン「workers.dev 」急増、デジタルアーツ調査

  9. TwoFive が 2024年上半期「フィッシングトレンド」公開 ~「くらし TEPCO」 装い 未払い電気料金の支払い促すフィッシングサイト増加

  10. 「規定変更」「研修通知」人事からのメールはフィッシング要注意

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×