犯罪グループ Lapsus$ 捜査で七人逮捕、10代のビットコイン富豪も | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

犯罪グループ Lapsus$ 捜査で七人逮捕、10代のビットコイン富豪も

 サイバー犯罪グループを捜査中のイギリス警察が、相次いで逮捕者を出した。

国際
犯罪グループ Lapsus$ 捜査で七人逮捕、10代のビットコイン富豪も

 サイバー犯罪グループを捜査中のイギリス警察が、相次いで逮捕者を出した。

 警察は恐喝型ランサムウェアで悪名高い犯罪グループ「Lapsus$」を捜査、16 歳から 21 歳までの 7 名を拘束、その後釈放した模様。ただしロンドン市警の木曜日(24 日)の発表では詳細は明らかにされていない。

 警察は「ハッカーグループの捜査に関連して、16 歳から 21 歳までの 7 名を逮捕した。全員を釈放したが取り調べは継続中。捜査はまだ続いている」と発表した。

 BBC の報道によると、逮捕者には、グループのリーダーの一人とされるオックスフォード出身の 16 歳の少年も含まれている。ただし法律によりその身元は公表できない。

 放送で伝えられた少年の父親の発言は以下の通り。「最近まで私は何も知りませんでした。息子の口からハッキングの話が出たことはありません。ただコンピュータはとても得意で、長時間コンピュータを触ってはいました。ゲームをしているとばかり思っていたんです。コンピュータにはもう触らせないようにしますよ」

 この少年のグループへの関与の疑いを水曜日(23 日)に最初に報じたのはブルームバーグ。記事の中でセキュリティリサーチャーらは、少年が一味の首謀者であると主張している。Lapsus$ は、大胆な手口でマイクロソフト、サムスン、ボーダフォン、Oktaなどの大手企業のシステムに侵入した悪質なグループである。


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

  2. 岡山県精神科医療センターへのランサムウェア攻撃、最大約 40,000 人分の患者情報が流出した可能性

    岡山県精神科医療センターへのランサムウェア攻撃、最大約 40,000 人分の患者情報が流出した可能性

  3. リクルートが実証実験中の不動産会社向けサービスのサーバに不正アクセス、従業者等の情報が漏えい

    リクルートが実証実験中の不動産会社向けサービスのサーバに不正アクセス、従業者等の情報が漏えい

  4. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、従業員の個人情報漏えいが判明

  5. 山陰合同銀行の委託先でウイルス感染

  6. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  7. CrowdStrike Blog:民主党全国委員会のハッキング事件に対するCrowdStrikeの対応 ー その記録

  8. 支払額倍増の場合も ~ オラクルが Fortune 200 へ Java ライセンスに関する監査書送付を開始

  9. [特別連載] スティーブン・ポール・ジョブズの人生と時代 第1部 第1回

  10. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×