新生銀行、業務委託先へ顧客の個人情報含むデータを誤って提供 | ScanNetSecurity
2024.05.28(火)

新生銀行、業務委託先へ顧客の個人情報含むデータを誤って提供

株式会社新生銀行と新生フィナンシャル株式会社は1月27日、業務委託先等への提供データに一部の顧客情報が含まれたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 株式会社新生銀行と新生フィナンシャル株式会社は1月27日、業務委託先等への提供データに一部の顧客情報が含まれたことが判明したと発表した。新生銀行等では2021年9月27日に、「業務委託先等への提供データに一部のお客さま情報が含まれていたことに関するお詫び」を公表しており、その後も継続して発生事象や影響範囲の調査を進めていたところ新たな漏えい事案が判明した。

 新生銀行等では、下記7つの事案について顧客情報の漏えいが判明したという。うち事案5~7は今回、新たに判明したもの。

・事案1.
新生フィナンシャルが提供するレイクALSA 会員向けメール配信停止ページにて、当該WebページのURLに、配信停止手続を実施した顧客メールアドレスが付帯して業務委託先等の事業者に送信され、相手方のサーバに蓄積されていた。

誤提供した情報
メールアドレス:2,182件


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×