東証1部上場 応用地質のグループ会社が不正アクセスによる改ざん被害、フィッシングサイトとなった形跡 | ScanNetSecurity
2024.06.20(木)

東証1部上場 応用地質のグループ会社が不正アクセスによる改ざん被害、フィッシングサイトとなった形跡

 東証1部上場企業の応用地質株式会社は1月28日、同社グループ会社の株式会社ケー・シー・エス(KCS)のWebサイトへの不正アクセスによる改ざんについて発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 東証1部上場企業の応用地質株式会社は1月28日、同社グループ会社の株式会社ケー・シー・エス(KCS)のWebサイトへの不正アクセスによる改ざんについて発表した。

 応用地質によると、KCSのWebサイトが改ざんされフィッシングサイトとなった形跡が確認されたため、当該サイトを停止し、ネットワークを切断してサーバ内の状態を調査を開始し、今後も接続ログなどの確認を行う。また現在は、専門会社の協力を得て、当該サイトの復旧作業を実施しており、一部公開の状態となっている。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×