行政機関発行のメールマガジンのなりすまし対策状況、JIPDECとフィッシング対策協議会とTwoFiveが調査 | ScanNetSecurity
2022.01.18(火)

行政機関発行のメールマガジンのなりすまし対策状況、JIPDECとフィッシング対策協議会とTwoFiveが調査

 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は12月21日、フィッシング対策協議会と株式会社TwoFiveと協力し、国の行政機関が発行するメールマガジンのなりすまし対策の状況を調査し結果を公表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は12月21日、フィッシング対策協議会と株式会社TwoFiveと協力し、国の行政機関が発行するメールマガジンのなりすまし対策の状況を調査し結果を公表した。

 JIPDEC等は2021年5月から7月で、省庁など国の行政機関が発行する99件のメールマガジンを確認、そのうち制約なく受信登録ができたものが85件で、そのうち仮登録・本登録・本文で使われているメールアドレスを確認できたのが72件だった。本調査では、この72件のメールアドレスを対象にS/MIME、SPF、DKIM、DMARCの対応状況を調査した。

 調査結果によると、S/MIMEだけ対応しているメールアドレスはなく、SPFとDKIMの両者のみ対応しているメールアドレスが30件(41.7%)で最多となり、SPFだけ対応しているメールアドレスが21件(29.2%)、S/MIMEとSPFの両者のみ対応しているメールアドレスが12件(16.7%)、SPF、DKIM、DMARCの三者に対応しているメールアドレスが6件(8.3%)、SPFとDMARCの両者のみが1件、DKIMだけ対応しているのが1件、どの対応もできていないのが1件(1.4%)ずつあった。なお、いずれにも対応しているメールアドレスはなかった。

 S/MIMEに対応したメールアドレスは12件(16.7%)で、経済産業省、特許庁、資源エネルギー庁のメールマガジンの全部または一部が対応していた。S/MIMEを設定しているメールアドレスは、SPFも設定していたが、DKIM、DMARCは設定できていなかった。

 その他、調査の気づきとして、政府ドメインであるgo.jpドメインでないメールアドレスが2件あった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×