JPCERT/CC、「モバイル端末を狙うマルウェアへの対応FAQ」公開 | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

JPCERT/CC、「モバイル端末を狙うマルウェアへの対応FAQ」公開

 一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月23日、モバイル端末を狙うマルウェアへの対応FAQを発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン

 一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月23日、モバイル端末を狙うマルウェアへの対応FAQを発表した。

 JPCERT/CCでは、2018年ごろから確認されているモバイル端末を対象とした情報窃取マルウェアの感染活動及びフィッシングサイトへ誘導するモバイル端末を狙った攻撃の増加を確認しているが、海外のセキュリティ組織からもマルウェアに感染している日本国内のモバイル端末に関する報告を受けており、多数のモバイル端末のマルウェア感染を確認している。また、モバイル端末を狙った攻撃に使用される不正なWebサイトの報告件数は、直近で5,000件を超えている。

 JPCERT/CCでは、多くのモバイル端末ユーザーがマルウェア感染やフィッシングの被害に直面している状況を受けて、マルウェアへの対応についての質問をまとめ公開した。FAQの項目はそれぞれ下記の通りで、不審なSMSの文章の一例や、偽サイトへアクセスした際の画面等も掲載している。

1.マルウェア感染の手口とは?
2.不審なSMSとはどんなもの?
3.不審なSMS・偽サイトの見分け方は?
4.不審なSMSが届いた場合どうしたらいいの?
5.不審なSMSにあるリンクにアクセスするとどうなるの?
6.どうしたらマルウェアに感染するの?(Android OS編)
7.どうしたらマルウェアに感染するの?(iOS編)
8.マルウェアに感染するとどうなるの?
9.マルウェア感染有無の確認方法
10.マルウェア感染確認後の対処方法
11.マルウェアに感染しないためには

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. 迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

    迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

  2. フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

    フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

  3. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

    7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

  4. 情報セキュリティ対策の有効性を統計学的に分析(IPA)

  5. Proofpoint Blog 36回「身代金を払わない結果 日本のランサムウェア感染率減少? 感染率と身代金支払率 15 ヶ国調査 2024」

  6. SNSに起因する被害を受けた18歳未満は1,819人に、Twitterが全体の35.3%に

  7. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  8. 2023年届出件数 過去最高 100万件超え「フィッシングレポート 2024」公開

  9. 「ポケモンGO」利用実態調査、歩きスマホをしたユーザーは34.0%に(MMD研究所)

  10. JIPDEC「個人情報取扱い事故報告」2022年版、最多原因「手順やルールに違反した作業や操作」

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×