セキュアヴェイルとキヤノンITSが提携、FortiGate向けセキュリティ運用支援サービス2種類をリリース | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

セキュアヴェイルとキヤノンITSが提携、FortiGate向けセキュリティ運用支援サービス2種類をリリース

 株式会社セキュアヴェイルは12月14日、キヤノンIT ソリューションズ株式会社(キヤノンITS)と提携しセキュリティ脅威の監視や分析によりインシデント対応を行うSOC(Security Operation Center)サービスを同日からリリースすると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社セキュアヴェイルは12月14日、キヤノンIT ソリューションズ株式会社(キヤノンITS)と提携しセキュリティ脅威の監視や分析によりインシデント対応を行うSOC(Security Operation Center)サービスを同日からリリースすると発表した。

 キヤノンITSでは、専任の技術者を確保できない中堅企業が利用可能なSOCサービスの提供を開始し、同サービスの提供に向けて、セキュアヴェイルとの協業を開始する。

 今回、リリースするのは、フォーティネット社UTM製品「FortiGate」向けの運用支援サービスで、「通常版」と「Light 版」の2種類をラインアップする。「通常版」では、「監視/設定変更/障害対応」から「ログの収集/脅威分析/セキュリティインシデント対応」まで幅広いセキュリティ運用支援サービスを提供し、「Light 版」では運用の必須機能に絞った安価な運用支援サービスを提供する。

 問い合わせ窓口は24時間365日で対応し、価格は通常版は月額20万円~/台、Light版は月額2万円~/台となっている。

 キヤノンITSは、FortiGate向け運用支援サービスに続いて、今後もSOCサービスの提供を予定、5年後までにSOCサービスで年間売上高10億円をめざす。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×