動画配信サービスTwitchでの120GB超のデータ流出、サーバの設定変更で権限の無い第三者からの不正アクセスが可能に | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

動画配信サービスTwitchでの120GB超のデータ流出、サーバの設定変更で権限の無い第三者からの不正アクセスが可能に

影響を受けたのはごく一部のユーザーとのこと。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

先日、ハッキングによって120GB超に及ぶ大量のデータが流出した動画配信サービスTwitchですが、公式ブログにて最新情報が報告されました。

報告によれば、今回の漏洩事件はサーバーの設定変更により権限の無い第三者による不正アクセスが可能になってしまったことが原因だと報告。流出したデータは主にTwitchのソースコードリポジトリからのドキュメントとクリエイターのペイアウトデータの一部であり、影響を受けたのはごく一部のユーザーのみということです。そうしたユーザーには直接連絡をして状況を説明していることも明らかにしています。

また、パスワードやログイン認証情報を保存しているシステムへのアクセスは確認されておらず、クレジットカードや銀行情報は流出していないそうです。

Twitchは最後に「お客さまのデータを保護する責任を非常に重く受け止めています。サービスの安全性をさらに高めるための措置を講じるとともに、コミュニティにお詫び致します」と述べています。

Twitchの120GB超データ漏洩事件でパスワードやクレジットカード情報の流出はなし―最新情報と対応が報告

《RIKUSYO》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×