KDDI提供の「Cisco Umbrella」へLAC「JLIST」を機能追加 | ScanNetSecurity
2021.10.23(土)

KDDI提供の「Cisco Umbrella」へLAC「JLIST」を機能追加

KDDI株式会社は10月1日、クラウド型セキュリティサービス「Cisco Umbrella」にドメインとIPアドレスを対応づけて管理するDNSポリシーのフィルタリング機能として、KDDIグループのラック提供の脅威情報データベース「JLIST」を追加し、同日から提供すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 KDDI株式会社は10月1日、クラウド型セキュリティサービス「Cisco Umbrella」にドメインとIPアドレスを対応づけて管理するDNSポリシーのフィルタリング機能として、KDDIグループのラック提供の脅威情報データベース「JLIST」を追加し、同日から提供すると発表した。

 「Cisco Umbrella」は、ゼロトラスト実現で必要となる一要素で、DNSを活用してあらゆる環境やデバイスから同一のセキュリティポリシーに基づき、安全にインターネットに接続できるクラウド型セキュリティサービス。カテゴリごとに悪質なサイトや制御したいサイトを登録し、当該URLやドメインの接続可否を設定ができる。

 KDDIでは今回、DNSポリシーのフィルタリング機能としてラックの「JLIST」サービスのうち、遮断用URL/ドメインをDNSポリシー向け接続先リストに自動で取り込み標準機能として提供、日本特有の危険サイトへのアクセス制御をさらに強化供する。

 なお、「JLIST」の追加はCisco Umbrella Insights及びSIG Essentialsライセンスの提供料金に含まれる。
《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×