主要メール S/MIME 対応状況調査、送受信とも対応は Outlook ほか 6 つ | ScanNetSecurity
2021.10.28(木)

主要メール S/MIME 対応状況調査、送受信とも対応は Outlook ほか 6 つ

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は9月28日、フィッシング対策協議会の証明書普及促進WGと協力し、主要なメールソフト・サービスのS/MIME対応状況を調査し、結果を公表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は9月28日、フィッシング対策協議会の証明書普及促進WGと協力し、主要なメールソフト・サービスのS/MIME対応状況を調査し、結果を公表した。

 S/MIMEは本人から来たメールであること、改ざんがされていないことの確認ができ、暗号化して送信可能なため、2月25日に開催されたJPAAWG主催の「パスワード付きzip添付メール問題を考える」アンケート集計結果でも「興味のある添付ファイルやメールの暗号化方式技術」として最多票を獲得している。

 同調査では2021年5月から7月に、5つの主要なメールソフト・サービスでOSごと(Windows10、iOS、Android)の計12種類のS/MIME対応状況について確認したところ、S/MIME電子署名メールを受信してなりすましと区別することができるメールソフト・サービスは9種類で、OutlookやGmailなどが対応していた。また、S/MIME電子署名メールを送信できるのは、Outlook(Webブラウザ、PCアプリ、iOS、Android)とThunderbird、iPhone標準アプリのメールの6種類で、S/MIME暗号化メールの送受信ともに対応していた。

 同調査は今後も、時勢に沿って調査対象を見直しつつ継続し適宜結果を公表予定。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×