非識別化と再識別化:後編「企業のデータスキャンダルの新しい火種」 | ScanNetSecurity
2021.10.18(月)

非識別化と再識別化:後編「企業のデータスキャンダルの新しい火種」

この込み入った状況を打開する理論的な方法はのひとつは、個人の身元を明らかにするようなデータをひたすら取り除き続けることだ。しかし、データを削除するたびに、データセットの価値が下がってしまうとイールケ・ボイテン教授は警告する。

国際
非識別化と再識別化:後編「企業のデータスキャンダルの新しい火種」
  • 非識別化と再識別化:後編「企業のデータスキャンダルの新しい火種」
《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

    PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

  2. 中国ロシア北朝鮮につづく、新鋭APT国家

    中国ロシア北朝鮮につづく、新鋭APT国家

  3. 最も大きなサイバー脅威は犯罪者ではなく国家

    最も大きなサイバー脅威は犯罪者ではなく国家

  4. Demarc PureSecureのバグが不正な管理者アクセスを許可

  5. 世界で「最も危険な」マルウェアの更新にファビコンが用いられる~あなたは最悪の事態に陥ってから、初めて感染に気付くだろう(The Register)

  6. 朝日新聞で書ききれなかった「あの話」 第1回:日本年金機構へのサイバー攻撃(2015年)(4)実名原則

  7. Mirai ボットマスターが禁固刑免れる、FBI 大絶賛の「社会奉仕」活動(The Register)

  8. CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )、ファンシーベアとは何者か?

  9. オンライン試験で「カンニング監視 AI 」を活用することは良い考えか?

  10. クラックソフトを装い感染するトロイの木馬、Juntador.Cを発見

アクセスランキングをもっと見る

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×