非識別化と再識別化:前編「研究者間でスポーツ競技化する再識別化」 | ScanNetSecurity
2021.10.24(日)

非識別化と再識別化:前編「研究者間でスポーツ競技化する再識別化」

データを匿名化することを「非識別化」というが、これを適切に行うことは見かけ以上に難しいと、UCLA のコンピュータサイエンス教授でスケーラブル・アナィティクス・インスティチュートのディレクターであるウェイ・ワン氏は言う。

国際
非識別化と再識別化:前編「研究者間でスポーツ競技化する再識別化」
  • 非識別化と再識別化:前編「研究者間でスポーツ競技化する再識別化」
《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

    PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

  2. Demarc PureSecureのバグが不正な管理者アクセスを許可

    Demarc PureSecureのバグが不正な管理者アクセスを許可

  3. 最も大きなサイバー脅威は犯罪者ではなく国家

    最も大きなサイバー脅威は犯罪者ではなく国家

  4. ウクライナの違法な仮想通貨のマイニング工場を摘発、PS4など3,800台のゲーム機を押収

  5. 「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

  6. Screen(UNIX)のバッファオーバーフロー問題

  7. ここが変だよ日本のセキュリティ 第41回 「これでパスワードの不安はパッと消えますよ!」(前編)

  8. SCAN DISPATCH :Yahoo! Mailログインの分散型ブルートフォース攻撃をハニーポットが検知

  9. 【デジタル時代の著作権(2)〜スターデジオ判決2〜】(弁護士 中野和子)

  10. スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

アクセスランキングをもっと見る

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×