Google Chrome の V8 エンジンにおいて Array.concat でのコールバック関数の制御不備により遠隔からの任意のコード実行が可能となる脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2023.02.05(日)

Google Chrome の V8 エンジンにおいて Array.concat でのコールバック関数の制御不備により遠隔からの任意のコード実行が可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

2021 年 4 月に、Google Chrome に任意のコード実行が可能となる脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
◆概要
 2021 年 4 月に、Google Chrome に任意のコード実行が可能となる脆弱性が報告されています。脆弱な Google Chrome で悪意のある Web サイトを閲覧してしまった場合、Google Chrome の実行権限で悪意のある Web サイトに埋め込まれた命令が実行され、端末に侵入されてしまう可能性があります。Google Chrome のアップデートにより対策してください。

◆分析者コメント
 当該脆弱性は幅広いバージョンの Google Chrome が影響を受けますが、初期設定では Google Chrome は自動でアップデートされるため、当該脆弱性による攻撃を受ける可能性は低いと考えられます。公開されているエクスプロイトコードは、いずれもサンドボックス回避機能が実装されていないため、アップデートされていないバージョンの Google Chrome で悪用できる可能性は低いですが、攻撃者はサンドボックス機能を回避する機能を実装したエクスプロイトコードを独自で作成して悪用を試みる可能性があるため、自動アップデート機能を無効化している場合は Google Chrome をアップデートして脆弱性に対策してください。

◆深刻度(CVSS)
[CVSS v3.1]
8.8
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v3-calculator?name=CVE-2021-21225&vector=AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H&version=3.1&source=NIST

◆影響を受けるソフトウェア
 Google Chrome のバージョン 90.0.4430.85 未満が当該脆弱性の影響を受けると報告されています。

◆解説
 Google Chrome に、悪意のある JavaScript の読み込みにより、任意のコードの実行の強制が可能となる脆弱性が報告されています。
《株式会社ラック デジタルペンテスト部》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×