理経、RADIUS認証など複数の認証方法をサポートした米国Nomadix社「EG1000」販売開始 | ScanNetSecurity
2023.02.05(日)

理経、RADIUS認証など複数の認証方法をサポートした米国Nomadix社「EG1000」販売開始

株式会社理経は9月13日、米国Nomadix社の小・中規模宿泊施設やコワーキングスペース向け新製品「EG1000」の販売開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社理経は9月13日、米国Nomadix社の小・中規模宿泊施設やコワーキングスペース向け新製品「EG1000」の販売開始を発表した。

 Nomadix社の「EG1000」は、100デバイスから1,000デバイスまでの小・中規模の宿泊施設やコワーキングスペース向けの高性能なインターネットゲートウェイで、Nomadix社の特許技術であるDynamic Address Translation(動的アドレス変換)機能により、利用者はどのデバイスからでも設定の変更なしでインターネットに接続可能となる。

 「EG1000」は不正なネットワークアクセスを防ぐために、ホテルでの予約管理など主に資産管理を行う業態に向けた管理システムのプロパティマネジメントシステム(PMS)、RADIUS認証など、複数の認証方法をサポートし、高精度なセキュリティを実現する。802.1Q VLANタグをサポートすることで、VLANタグごとに認証や帯域制御の設定が可能となっている。

 また故障率の高いHDDを内蔵せずに、高機能なフラッシュディスクを採用し故障しにくいハードウェア設計となっている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×