理経、既存アプリに顔認証を追加し二要素認証実現 ~ 顔写真を用いたなりすましも防止 | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

理経、既存アプリに顔認証を追加し二要素認証実現 ~ 顔写真を用いたなりすましも防止

株式会社理経は9月3日、顔認証技術を利用し既存アプリケーションのユーザ認証を二要素で行うための、なりすまし防止に有効なプラットフォームの開発・販売の開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社理経は9月3日、顔認証技術を利用し既存アプリケーションのユーザ認証を二要素で行うための、なりすまし防止に有効なプラットフォームの開発・販売の開始を発表した。

 本製品は、認証をひとつの要素のみで行っている既存アプリケーションに対し、顔認証技術を用いて二要素認証にするためのプラットフォームで、アプリケーションの起動時または認証操作時に、ユーザIDに加え顔認証を連携してユーザ認証を行う。

 ユーザID認証と顔認証を一貫して行うことで、ログイン時の煩雑さがなくセキュアな二要素認証を実現、顔認証に加え能動的に顔を左右に動かすことで生体認証を行うことも可能で、顔写真をかざすなどのなりすましを防止できる。

 本製品は、既存アプリケーションから利用するためのAPIを用意しており、アプリケーションがAPIに対応できない場合はログイン画面に自動入力で対応できるよう柔軟なインターフェースを備え、PCやタブレット、スマートフォン搭載の標準カメラで認証可能。またマスク装着の有無や認証を高度なアルゴリズムで判断することで、マスク装着時の誤認証を極力排除する。

 本製品の出荷開始は9月から、価格は400万円からとなっている。

 同社では今後、業務で検査アプリケーションを使用する際のユーザIDの使いまわしなど、不正利用を防止するためのソリューションとして機能強化を行うとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×