オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

オリンパス株式会社は9月11日、同社一部地域のITシステムへの不正アクセスについて発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 オリンパス株式会社は9月11日、同社一部地域のITシステムへの不正アクセスについて発表した。

 これは9月8日に、同社のヨーロッパ、中東、アフリカ地域(EMEA)における一部地域のITサーバへの不正アクセスを検出したというもの。

 同社では不審なアクセスを検知した時点で、セキュリティ分析の専門家を含む対策チームを設置し、サイバーセキュリティインシデントの可能性を含め、影響の可能性があるITシステム範囲の特定や詳細に関する調査と解決に取り組んでいる。

 同社では影響を受けたシステムから外部へのデータ通信を遮断、関連する取引先へ連絡を行っている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×