トビラシステムズ、開発者が闘病中の280blockerを完全子会社化 | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

トビラシステムズ、開発者が闘病中の280blockerを完全子会社化

トビラシステムズ株式会社は8月31日、合同会社280blockerと譲渡契約を同日に締結し、280blockerの完全子会社化を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トビラシステムズ株式会社は8月31日、合同会社280blockerと譲渡契約を同日に締結し、280blockerの完全子会社化を発表した。

 280blockerは、Webブラウザ「Safari」上の迷惑広告コンテンツをブロックするiOSアプリ「280blocker:コンテンツブロッカー280」を提供、App Storeの全有料アプリの中で、2017年から3年連続で年間ランキングNo.1を獲得している。迷惑な広告をブロックするだけでなく、広告表示を減らすことで通信量の大幅な削減にもつながっている。

 「280blocker:コンテンツブロッカー280」を開発する280氏は数ヶ月前に体調を崩し、その後は入院などしながら作業を行ってたが、現在も治療中で様々な作業が少々滞っているという。同氏は安定的にアプリ運営を継続する方法を検討した結果、トビラシステムズに譲渡する結論に至ったとのこと。

 トビラシステムズでは既に、迷惑電話・SMSを自動で検知し未然に防ぐ迷惑情報フィルタサービスを提供しており、今回の280blockerの子会社化で迷惑情報フィルタ事業は、迷惑電話・SMS対策に加え、Web閲覧時の迷惑Web広告対策までの全方位をカバー可能となる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×