JTB USAへの不正アクセス、個人情報流出は確認されず | ScanNetSecurity
2023.02.06(月)

JTB USAへの不正アクセス、個人情報流出は確認されず

株式会社JTBの海外グループ会社であるJTB USA, Inc.は8月26日、JTBが8月18日に公表した海外グループ会社への不正アクセスについて調査結果を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 株式会社JTBの海外グループ会社であるJTB USA, Inc.は8月26日、JTBが8月18日に公表した海外グループ会社への不正アクセスについて調査結果を発表した。

 JTBでは、米国における海外グループ会社であるJTB Americas,Ltd.、JTB USA, Inc.、JTB International(Canada), Ltd.に対し現地時間7月29日、第三者から不正アクセスがあり、顧客の2,525件の「ローマ字氏名」と「RAKUなびサポート」ログイン用の2,396件の「メールアドレス」が流出した可能性を発表していた。

 JTB USAの調査によると、本件による個人情報の流出の可能性は無いとのこと。

 JTB USAでは、影響を受けた可能性のあるサーバの停止とネットワークの遮断を実施し、早期のシステム復旧と外部の専門事業者による調査を行っており、現時点で「JTBUSA.com」「LOOK TOUR.net」にてページ表示の遅延やエラー表示等の影響が出ているとのこと。

 JTB USAでは今後も、早期復旧に向けた取り組みを行うとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×