東芝データ、新たな3つのプライバシーステートメントを策定 | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

東芝データ、新たな3つのプライバシーステートメントを策定

東芝データ株式会社は8月31日、プライバシーに関わる情報保護の実現に向けた取り組みの基本方針を定め、より信頼できるデータ社会の確立を目指した、新たなプライバシーステートメントの策定を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 東芝データ株式会社は8月31日、プライバシーに関わる情報保護の実現に向けた取り組みの基本方針を定め、より信頼できるデータ社会の確立を目指した、新たなプライバシーステートメントの策定を発表した。

 同社ではデータサービス事業を推進のために、プライバシーに関わる方針は企業経営における本質であるものとし、自社の「存在意義」を見失わずに、共に新たなイノベーションを起こしていくための共通認識としてプライバシーステートメントを位置付けている。

 同社が今回、次の3点をプライバシーステートメントとして策定している。なお、「人と、地球の、明日のために。」は東芝グループ経営理念でもある。

・「人と、地球の、明日のために。」
・企業ではなく人を中心に考えた、信頼できるデータ社会の確立
・プライバシーにかかわる、情報保護の実現

 なお同社では、更なる個人情報の保護体制の強化の取り組みの一環として、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より「プライバシーマーク(Pマーク)」の認定も受けている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×