脆弱性診断士の行動規範示す「脆弱性診断士倫理綱領」制定 | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

脆弱性診断士の行動規範示す「脆弱性診断士倫理綱領」制定

脆弱性診断士スキルマッププロジェクトは8月23日、脆弱性診断士の行動規範を示す「脆弱性診断士倫理綱領」を制定し発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 脆弱性診断士スキルマッププロジェクトは8月23日、脆弱性診断士の行動規範を示す「脆弱性診断士倫理綱領」を制定し発表した。

 同倫理綱領では脆弱性診断士について、前文で「高い倫理を持ち、適切な手法でITシステムの脆弱性診断を行うことを通じて、安心して利用できるITシステムの実現に努める」こととし、「品位を保ち(中略)公正・誠実に行動する」ことが求められるとしている。

 同倫理綱領では基本原則として、次の4点を掲げている。

1.公正と誠実
脆弱性診断士は、診断で知り得た事実に関して真実を伝え、適切な対処を促し誠実に対応するように努めなければならない。

2.秘密保持
脆弱性診断士は、正当な理由がなくその業務に関して知り得た秘密を漏らしたり、又は転用してはならない。

3.法令遵守
脆弱性診断士は、法令等や専門職としての倫理を遵守しなければならない。

4.自己研鑽
脆弱性診断士は、専門家としての能力を必要とされる水準に維持し、かつ自らの知識・技能を高めなければならない。

 同倫理綱領では他にも、「診断対象外の診断について」「機密保持について」「その他」から成る事例集を掲載している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×