CSAジャパン「Cloud Data Protection」を公開 | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

CSAジャパン「Cloud Data Protection」を公開

一般社団法人日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は8月2日、「Cloud Data Protection」の公開を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 一般社団法人日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は8月2日、「Cloud Data Protection」の公開を発表した。

 同資料はCSAジャパン クラウドデータセキュリティワーキンググループが作成したもので、クラウド環境に保存されるデータ保護について、プロバイダのデータ保護対策の内容の把握や利用者側で取るべき対策、プロバイダが提供するデータ保護の機能の利用などの課題への対応について、わかりやすい技術的な解説を行い、クラウドセキュリティガイダンスのデータ保護に関する解説書的な位置づけを目指している。

 本資料は39PのPDFで構成され、その目次は下記の通り。

はじめに
1.IT環境の変化とクラウドの発展
2.攻撃トレンドを踏まえた包括的なアプローチ
3.CSAガイダンスにおけるデータセキュリティ
4.ゼロトラストアーキテクチャ
5.暗号化・鍵管理
6.クラウド認証・認可を活用したデータ保護事例-Microsoft Information Protection
7.モニタリング-CWPP、CSPM
おわりに
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×