JR西日本住宅サービスのパソコンに不正アクセス、個人情報流出の可能性を調査 | ScanNetSecurity
2024.07.14(日)

JR西日本住宅サービスのパソコンに不正アクセス、個人情報流出の可能性を調査

JR西日本住宅サービス株式会社は7月30日、物件に設置する同社パソコン端末への第三者からの不正アクセスが判明したと発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(弊社パソコン端末に対する第三者による不正アクセスついて【ご報告】)
 JR西日本住宅サービス株式会社は7月30日、物件に設置する同社パソコン端末への第三者からの不正アクセスが判明したと発表した。

 流出の可能性があるのは、同社が管理するマンション及び賃貸住宅における居住者の最大8,000件の部屋番号、氏名等を含む個人情報で、賃貸住宅の場合は登録されている連帯保証人も含む。ただし現時点では、情報の流出は確認されていない。

 同社では現在、当該端末についてネットワークから遮断しており、個人情報が摂取された可能性について調査を行っている。

 同社では個人情報の流出が明らかになった場合は、対象の居住者に対し個別に連絡を行うとのこと。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 護衛艦いなづまの艦長、資格のない隊員を特定秘密取扱職員に指名し懲戒処分

    護衛艦いなづまの艦長、資格のない隊員を特定秘密取扱職員に指名し懲戒処分

  2. 契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

    契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

  3. イセトーへのランサムウェア攻撃、リークサイトにダウンロード URL 出現も現在はファイルが消失

    イセトーへのランサムウェア攻撃、リークサイトにダウンロード URL 出現も現在はファイルが消失

  4. 不正に機密情報を持ち出した社員を刑事告訴、3月7日付で書類送検に(アークレイ)

  5. ベルシステム24 のベトナム子会社に不正アクセス、影響範囲を調査

  6. 「悪質な情報拡散を行う者には徹底的な法的措置」KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  7. ランサムウェア被害の原因はスターティア社の UTM テストアカウント削除忘れ

  8. イセトーへのランサムウェア攻撃で徳島県の個人情報も漏えい、委託業務完了後に報告書提出するも実際には削除されず

  9. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

  10. 個人情報保護委員会、東京電力グループ 3 社に行政指導

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×