日本企業の被害経験:フィッシング 50%、ランサムウェア 53% | ScanNetSecurity
2021.07.26(月)

日本企業の被害経験:フィッシング 50%、ランサムウェア 53%

Ivanti Software株式会社は7月13日、米国、英国、フランス、ドイツ、オーストラリア/ニュージーランド、日本でのサイバー攻撃に関する実態調査の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 Ivanti Software株式会社は7月13日、米国、英国、フランス、ドイツ、オーストラリア/ニュージーランド、日本でのサイバー攻撃に関する実態調査の結果を発表した。

 本調査では4月30日から5月29日に、米国、英国、フランス、ドイツ、オーストラリア/ニュージーランド、日本の従業員数500名以上の企業で働くIT担当者1,005名を対象にフィッシングやランサムウェアなどサイバー攻撃に関する実態調査を実施した。

 調査結果によると、1年以内に自社がフィッシング攻撃の被害にあったと回答した割合は日本は50%に、さらに日本の93%のIT担当者が以前に比べてフィッシング攻撃はより巧妙になっていると回答している。

 1年以内に自社がランサムウェアの被害にあったと回答した割合は日本は53%に、さらに日本の100%のIT担当者が組織を狙ったランサムウェアの攻撃が増加していると回答している。ランサムウェアの攻撃をデバイス別に見ると、日本はノートパソコンが最多で40%、デスクトップが24%、モバイル機器23%、サーバ12%と続いた。

 日本で、ランサムウェアの攻撃を受けた際の発見から修復までにかかった時間は、1週間以内と回答した人が38%いる一方で、1ヶ月以上時間を要した人が27%いることが判明した。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×