台湾塩野義製薬へのサイバー攻撃、従業員情報をダークウェブで確認 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

台湾塩野義製薬へのサイバー攻撃、従業員情報をダークウェブで確認

塩野義製薬株式会社は7月12日、同社の100%子会社である台湾塩野義製薬へのサイバー攻撃による一部の情報流出について発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(当社グループ会社に対するサイバー攻撃の調査結果と再発防止策について)
  • リリース(再発防止策について)
 塩野義製薬株式会社は7月12日、同社の100%子会社である台湾塩野義製薬へのサイバー攻撃による一部の情報流出について発表した。

 これは2020年10月21日に、台湾塩野義製薬に外部からサイバー攻撃があり、外部のサイバーセキュリティ専門家による調査を実施したところ、同社が保有するサーバ・PCにランサムウェアの一種と推測されるマルウェアの攻撃痕跡を確認したというもの。

 調査によると、台湾塩野義で保有する従業員の情報がダークウェブ上に掲示されていることを確認したが、顧客の個人情報及び機密情報の流出は確認されていないという。

 また塩野義製薬グループの日本・米国における拠点への影響について、通信ログ及びシステムログの確認を行ったが、不正アクセスの痕跡は発見されず、その他の地域への不正アクセスは無かったと同社グループでは判断している。

 塩野義製薬グループでは、外部の専門家による確認の後、特別な監視体制を敷いたうえで台湾塩野義のシステムを全面的に復旧、今後はグループ全体のITセキュリティと情報管理体制のさらなる強化を図るとのこと。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  2. 東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

    東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

  3. マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

    マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

  4. 富士通 FENICS のネットワーク機器での不正通信を受け総務省が文書で指導

  5. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

  6. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  7. 岡山県精神科医療センターへのランサムウェア攻撃、最大約 40,000 人分の患者情報が流出した可能性

  8. 東京海上日動の代理店システムで参照範囲の設定誤り

  9. イセトーへのランサムウェア攻撃で東海信金ビジネスの個人情報が漏えい

  10. 「Fujitsu MICJET コンビニ交付」システム再停止、6/28 に新たな証明書誤発行

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×