摂津金属工業へランサムウェア「Avaddon」による攻撃、ログも感染し感染経路特定できず | ScanNetSecurity
2024.05.21(火)

摂津金属工業へランサムウェア「Avaddon」による攻撃、ログも感染し感染経路特定できず

摂津金属工業株式会社は6月28日、5月10日に発生した同社へのサイバー攻撃についての調査が完了したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 摂津金属工業株式会社は6月28日、5月10日に発生した同社へのサイバー攻撃についての調査が完了したと発表した。

 同社では5月10日午前8時頃に、社内出退勤システムのサーバダウンを確認、ウイルス感染が疑われたため全社員使用PCの遮断を指示するとともに、同日午前10時にはシステム障害対策本部を設置、全社員使用PCのウイルスチェックとサーバの被害状況の調査を開始、同日午後4時には専門会社にも相談を行っていた。

 同社の被害状況は、PC全185台中11台、サーバ全18台中14台のウイルス感染を確認、感染したランサムウェアはAvaddonと呼ばれるもので、感染したPCに攻撃者からのメッセージが残置されていた。メッセージには攻撃者との交渉に向けたコンタクトが要求されていたが、身代金額の記載はなく、同社では警察と相談の上で攻撃者と一切コンタクトを取らず、身代金も支払わないことで対応している。

 なお、顧客情報を含め、情報漏えいの事実は確認されていない。

 同社では感染したPCについては全台駆除または初期化を行い、サーバについては初期化または廃棄を行った。

 また同社によると、専門会社と調査を続けたが、ログ自体が感染していたことと、ログがあるサーバが感染痕に起動せず、感染経路については解明できなかった。専門会社では外部からのメールの開封や外部サイト閲覧、テレワークでの感染の可能性を指摘している。

 同社では既に、専門会社によりファイアウォールを再設定、PC全台については毎日複数のウイルスチェックを実施、メールについてはクラウド化を実施している。

 同社では今後、専門会社とともにセキュリティの強化を実施するとともに、ログが感染したことで感染経路が解明できなかったことを踏まえ、3ヶ月程度保管して閲覧できるような仕組みを検討、サイバー保険への加入を行う予定。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×