なりすましメール検知サービス「DMARC / 25 Analyze」に「通報機能」追加 | ScanNetSecurity
2021.07.26(月)

なりすましメール検知サービス「DMARC / 25 Analyze」に「通報機能」追加

株式会社TwoFiveは6月25日、なりすましメール検知支援クラウドサービス「DMARC / 25 Analyze」に新機能として「なりすまし通報機能」の追加を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社TwoFiveは6月25日、なりすましメール検知支援クラウドサービス「DMARC / 25 Analyze」に新機能として「なりすまし通報機能」の追加を発表した。

 DMARCは、送信ドメイン認証(SPF、DKIM)と組み合わせて使用する認証技術で、SPF/DKIM認証に失敗したメールを受信側がどう処理するかの推奨アクション(隔離する、拒否する等)を、送信元(ドメイン管理側)がDMARCポリシーとして設定し、受信側はそれを参照してポリシーに従ったアクションを実行、その結果をDMARCレポートとして送信側にフィードバックする仕組み。

 同社が提供する「DMARC / 25 Analyze」は、受信側から提供されるXML形式のDMARCレポートを、集計・可視化して解析するクラウドサービスで、送信側の組織は、自身のメールアドレス(ドメイン)の不正利用の有無を確認できる。

 新機能「なりすまし通報機能」では、攻撃者が「DMARC / 25 Analyze」を導入する企業のドメインをなりすましてメール送信すると、送信ドメイン認証(SPF、DKIM)に失敗したメール(なりすましメール)として情報が記載されたDMARCレポートを解析し、不正利用が疑われるIPアドレスの不正利用報告窓口に「DMARC / 25 Analyze」からメールで通報する。

 同社ではDMARCの普及促進策の一環として「DMARC / 25 Analyze」を、メールシステムの規模を問わず1ヶ月間無料試用できる無料トライアルサービスを実施、さらに「DMARC / 25 Analyze」開発4周年を記念して、1カ月間の無料トライアル後、初期費用無料、2カ月間の利用料無料、有償の診断サービス1回無料で導入可能なキャンペーンを、6月25月から2021年10月31月まで実施する。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×