リモートワーク作業状況可視化、不正行為抑止「Virtual Manager」提供開始 | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

リモートワーク作業状況可視化、不正行為抑止「Virtual Manager」提供開始

情報技術開発株式会社は5月31日、働く場所を問わずPCでの作業内容を把握できるソリューション「Virtual Manager」を同日から提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 情報技術開発株式会社は5月31日、働く場所を問わずPCでの作業内容を把握できるソリューション「Virtual Manager」を同日から提供開始すると発表した。

 「Virtual Manager」は、リモートワーク下でもユーザごとにPCの操作画面と稼働率を視覚的に把握可能で、作業状況の可視化と、感じられなくなった第三者の視線をテレワーク下で実現、就労管理や過重労働管理のサポート、新入社員や若手社員のメンタルケア、第三者の目としての不正行為抑止などに活用できる。

 「Virtual Manager」の主な機能は次の4点。

1.ユーザごとの画面キャプチャ
 5分ごとの操作画面をサムネイルで一覧表示

2.稼働率、稼働時間算出
 キーボードとマウスのクリック率から稼働率を算出、PC操作の稼働率からおおよその稼働時間を計算

3.日別・週別・月別稼働状況表示
 ユーザまたはグループ単位で日別、週別、月別の稼働状況(稼働率や稼働時間)を一覧表示

4.管理用途に応じたユーザグループの設定
 部署やプロジェクトごと、研修などのイベントごとにグループ設定可能

 「Virtual Manager」は100ユーザで500,000円から、1,000ユーザで2,900,000円から提供する。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×