英独禁監視当局、セキュリティソフトの自動更新に噛みつく | ScanNetSecurity
2022.08.08(月)

英独禁監視当局、セキュリティソフトの自動更新に噛みつく

ノートンもまた独禁監視当局の調査で痛めつけられており「自動更新契約の調査に関する特定の情報を提供することを拒んだ」として 3 月に訴訟を提起されている。ノートンにマカフィーの末路と自分自身の裁判についての見解を尋ねたが、現時点で回答はない。

国際

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 医療関連情報では2022年最大規模、190万人の患者情報流出した債権回収会社へのサイバー攻撃

    医療関連情報では2022年最大規模、190万人の患者情報流出した債権回収会社へのサイバー攻撃

  2. インドネシア、SteamやPayPalなど複数のオンラインサービスのブロックを解除

    インドネシア、SteamやPayPalなど複数のオンラインサービスのブロックを解除

  3. データ強盗に遭った英大手人材紹介会社、外部開発者を「認証情報を不適切に保存」と非難

    データ強盗に遭った英大手人材紹介会社、外部開発者を「認証情報を不適切に保存」と非難

  4. 純粋恐喝時代に突入、暗号化しないランサムウェア

  5. CrowdStrike Blog:「サイバー界のAK47」、Mimikatzを利用したシグネチャベースの検知回避

  6. 政府向けスパイウェア販売時に製造元企業が行う販売先国家の「採点」方法 ~ 五ヶ国超のEU圏顧客の存在を認める

  7. BCCメール誤送信、罰金150万円

  8. Okta はいかにしてゼロトラストでハッカー集団 Lapsus$ 封じ込めに成功したか

  9. 裁判所がシスコに Webex ではなく Zoom の使用を命令、「Zoomのセキュリティ脅威」主張認めず

  10. CrowdStrike Blog:攻撃者の十八番~認証情報の盗取

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×