日本の大企業 EDR 導入 2 割止まり、タニウムが調査結果公表 | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

日本の大企業 EDR 導入 2 割止まり、タニウムが調査結果公表

タニウム合同会社は5月27日、「国内EDR実態調査」の結果を発表した。同調査は2月3日から2月4日に、主に大企業のIT管理者と担当者5,563名を対象に株式会社アイ・ティ・アールに委託しWebアンケートを実施、644件の有効回答があった。

調査・レポート・白書
EDRの認知度、EDRとアンチウイルスの違い
  • EDRの認知度、EDRとアンチウイルスの違い
  • EDRの導入検討状況、EDR導入で困ったこと
  • EDRの検知・対応頻度、導入済みEDRへの改善要望
  • EDR導入後、経営層の評価が低い理由
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. IPA「情報セキュリティ白書2021」公開、テレワークのセキュリティや米国政策なども紹介

    IPA「情報セキュリティ白書2021」公開、テレワークのセキュリティや米国政策なども紹介

  2. SNS上で誹謗中傷を受けた経験が「ある」12.0%(日本財団)

    SNS上で誹謗中傷を受けた経験が「ある」12.0%(日本財団)

  3. SNSに起因する被害を受けた18歳未満は1,819人に、Twitterが全体の35.3%に

    SNSに起因する被害を受けた18歳未満は1,819人に、Twitterが全体の35.3%に

  4. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  5. CrowdStrike 年次レポート公開 ~ サイバー攻撃は毒か薬か、驚愕の早さ ベトナムの中国への COVID-19 諜報攻勢

  6. 売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

  7. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  8. Twitterのアカウントを作り直した女子高生は28%、理由として「勝手に私のアカウントでつぶやかれていたので乗っ取られたのではないかと思った」等も(リビジェン)

  9. 脆弱性件数は増加傾向、特にスマートフォン関連が急増--IPA四半期レポート(IPA/ISEC)

  10. ランサムウェアの身代金 払うべきか払わざるべきか、迷路の出口を考える重要ポイント

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×