東洋食品工業短期大学にランサムウェア攻撃、被害サーバには1938年の設立当初からの学籍情報を保存 | ScanNetSecurity
2024.02.26(月)

東洋食品工業短期大学にランサムウェア攻撃、被害サーバには1938年の設立当初からの学籍情報を保存

東洋食品工業短期大学は5月19日、学内サーバに対し第三者から不正アクセス攻撃があり、ランサムウェアに感染したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東洋食品工業短期大学は5月19日、学内サーバに対し第三者から不正アクセス攻撃があり、ランサムウェアに感染したことが判明したと発表した。

これは3月下旬に、同学の業務で利用する学内サーバに対し第三者から不正アクセス攻撃があり、ランサムウェアに感染したというもの。

被害にあった学内サーバ内には下記の情報が格納されていたが、現時点で情報流出の事実は確認されてないという。

・在学生および卒業生の学籍情報等(前身である財団法人東洋罐詰専修学校設立当初(1938年)からの情報)
・資料請求者の情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス)
・定例講演会参加者の情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス)
・社会人向け講習会受講者様の情報(氏名、生年月日、メールアドレス、勤務先情報)

同学では関係省庁・機関、警察および個人情報保護委員会へ被害報告を行っている。

同学では現在、調査を続行しており、今後は情報管理体制の強化と再発防止に取り組むとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×