偽の「読売新聞オンライン」ページへ注意喚起、暗号資産取引を推奨する架空記事を掲載 | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

偽の「読売新聞オンライン」ページへ注意喚起、暗号資産取引を推奨する架空記事を掲載

読売新聞社は5月15日、同社が運営するニュースサイト「読売新聞オンライン」に似せた偽のWebページへの注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
読売新聞社は5月15日、同社が運営するニュースサイト「読売新聞オンライン」に似せた偽のWebページへの注意喚起を発表した。

同社によると偽のWebページには、「読売新聞オンライン」のロゴが表示され、著名な俳優が仮想通貨のネット取引で利益を上げたという内容の架空の記事を掲載し、暗号資産(仮想通貨)取引を推奨する内容となっており、投資を勧め、名前やクレジットカード番号などの入力を求める記載もあるという。

読売新聞グループ本社は、偽ページは読売新聞とは一切関係ないとして注意を呼びかけるとともに、一般社団法人JPCERT/CCに対処を要請している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×