視聴者応募データが誤表示、アクセス増による負荷分散サービスの設定を誤る | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

視聴者応募データが誤表示、アクセス増による負荷分散サービスの設定を誤る

岡山放送株式会社は5月7日、視聴者応募データの誤表示について発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(視聴者応募データの誤表示について )
岡山放送株式会社は5月7日、視聴者応募データの誤表示について発表した。

これは5月6日に、同局の情報番組「なんしょん?」のクイズコーナーにて、同局提供のOHKアプリから応募した視聴者から他人の応募データが見られる状態である旨の指摘があったというもの。同局によると、プレゼント応募への急激なアクセス増でサーバダウンが続いていたため、外部のアクセス負荷分散サービスを利用して対応するために午後3時45分に設定変更を行った際の設定ミスが原因で、午後4時32分にシステム変更対応後、同様の事象は発生しないことを確認しているという。

誤表示された可能性があるのは5月6日午後3時45分から4時32分までの47分間に、OHKアプリから応募した最大51名分の氏名、郵便番号、住所、年齢、性別、電話番号、メールアドレスを含む個人情報。なお、アプリ以外の同局のWebサイトからの応募者のデータ及び同時間帯にOHKアプリの応募フォームを表示していない視聴者のデータは表示されていない。

同局では今後、再発防止に向けてシステム並びに情報管理体制の強化に一層努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  2. イセトーへのランサムウェア攻撃で東海信金ビジネスの個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で東海信金ビジネスの個人情報が漏えい

  3. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  4. 新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

  5. カプコンへのランサムウェア攻撃で最大35万件の情報流出、「Ragnar Locker」から身代金要求

  6. 山陰合同銀行の委託先でウイルス感染、顧客4名の個人情報が流出の可能性

  7. 東京都教育委員会「Teams 事故再発防止委員会」設置

  8. JAXA への不正アクセスによる情報漏えい、未知のマルウェア使用で侵害の検知を困難に

  9. 日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

  10. 中学校教諭が誤った通知表の配布を強行、減給1月の懲戒処分に(新潟県)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×